平成31年3月6日(水)の沖縄タイムス朝刊に、㈱リュウクスと開邦工業の共同開発の記事が載りました。
開発した製品はフライアッシュ分級機。取材は3月5日の午後、開邦工業の工場で撮影が行われました。

今回の共同開発は4月頃にお話しを頂き、焼却炉以外の新たな事業の柱として、
㈱リュウクスが知見・ノウハウを有するフライアッシュ分級装置の開発を行いました。
蔵當工場長を中心に11月頃に製作し始め、約2か月半後の1月末に完成。
高さ3メートル、幅5メートルの新しい分級機が、開邦工業の工場で活躍の時を待ってます。

実際の記事はこちら

MX-2517FN_20190307_182151