メイドイン沖縄高品質フライアッシュ製造装置を開発

 

こんにちは、営業課の松本です( ´艸`)

この度、4月号 月刊工連ニュースに株式会社リュウクスさんと共同開発した

「高品質フライアッシュ製造装置」を記事に取り上げていただきました。👏✨

 

フライアッシュって何だろう~??と思ったかた必須!!

 

フライアッシュとは、石炭を燃焼した際にでる灰の事です。

大半はセメントの材料に活用されております。また、コンクリートに混ぜると化学反応をおこして

コンクリートの強度が増したり、ひび割れを起こす原因を減少させる作用があるんですΣ(・ω・ノ)ノ!すっすごい✨

 

月刊工連ニュース 4月号 P2~P3 

 

従来のフライアッシュ製造機は、加熱改良したフライアッシュを粒の粗さ・細かさの度合いごとに分別し

改質Ⅰ種・改質Ⅱ種・改質Ⅲ種に分級していますがこれには大きな装置が必要でした(*´Д`)!

 

 

しかし、新装置の「高品質フライアッシュ製造装置」高さ約3メートル、幅5メートル小型化しています。

また、コンパクトになったおかげで設置費や電気代などコストを抑えつつ、製造効率は2倍高まっています⤴up

 

今後は、県外・海外へ向けての販売も視野にいれて実用機の完成を目指し、より処理能力を高めるための稼働実験を続けていきます💪